東大生がおすすめする受験勉強法

東大生がおすすめする受験勉強法、その一部をご紹介

人生の分岐点ともいえる大学受験。誰もが真剣に、目標を持って受験勉強に取り組みます。努力をするのは勉強自体だけではありません。どのように勉強を進めるべきか、その方法が間違っていては成果が出ません。そのため勉強方法のリサーチにも力を入れる方が多いでしょう。

勉強方法をリサーチする時、参考にしたいと思うのはやはり難関校に合格した先輩が実際に取り組んだ方法。中でも日本で最難関と言われる東京大学に合格した先輩の勉強方法は、ぜひとも参考にしたいですよね。

以下では一部ですが、東大生が実際におすすめする勉強方法を紹介します。受験のための勉強方法にお悩みの受験生は参考にしてください。

参考書は正しく活用すべし

参考書は正しく活用すべし

受験勉強をするにあたって必ず使用する参考書。内容を読んで記憶するものや、実際に問題を解いて解き方を身に着けるものなど、使い方は教材によって違います。この使い方を間違えてしまうと、勉強の成果が出ません。正しい使い方を理解しましょう。

参考書を正しく使う上で大事なのは、参考書を使う目的を明確にすることです。英語の参考書なら、英単語の意味を覚えたいのか、英文を読めるようになりたいのか。数学の参考書なら、基礎を身に着けたいのか、応用問題を解けるようになりたいのか。目的によって選ぶ教材は変わります。「有名な参考書だから買ってみた」のではなく、もう一歩、自分が必要と感じている勉強ができるかも考えましょう。

また、参考書は繰り返し読んだり解いたりすることで知識として定着します。いろいろな参考書に手を出すよりは、1冊の参考書の内容をすべて覚えるつもりで繰り返し読みましょう。

隙間時間は受験勉強以外でも活用できる

通学時間や授業終わりの休み時間など、1日の間に「隙間時間」と呼べる短い時間は何回も訪れます。受験生の隙間時間は受験勉強に費やすべきと考えがちですが、必ずしも受験勉強をすることが正解ではありません。

例えば寝不足の状態では頭がうまく働かず、参考書を読んでも内容が頭に入りません。授業中に居眠りをしてしまう可能性もあります。眠気を感じたら、隙間時間を利用して睡眠をとるのも隙間時間を有効に活用していることになります。

また、問題を解き終わらないうちにやめてしまっては勉強の効率がダウンします。1問を解ききれず中途半端になると感じたら、暗記や復習など、比較的短時間でできる勉強をして過ごすのも大事です。

この他にも、東大生が実際に取り組んだ勉強方法は様々。おすすめする勉強方法もいろいろあります。東大生の勉強方法を知りたい場合は、やはり現役東大生に相談するのが一番。受験のための指導塾の中には、例えばシンカライナーのように、現役東大生が講師をしている塾があります。シンカライナーは、少人数の個別指導塾で、講師と生徒の距離が近い点がメリット。勉強を指導してもらうだけではなく、勉強方法についても教えてもらいやすいでしょう。

東大生が教えるコーチング特化型の個別指導塾

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA