アニメーターになりたい!進学先はどこ?

アニメは日本を代表する文化の一つです。日本のアニメを世界中の人が見ており、熱狂的なファンも多くいます。そんなアニメを作っているのは、アニメーターと呼ばれる職業の方たちです。「アニメが好き、絵を描くのが好き!」という方の中には、アニメーターになりたいと思っている方もいますよね。今回は、アニメーターになるためにどこに進学するべきなのか、今のうちに何をすべきなのかを紹介します。

アニメーターになるには専門学校?大学?

アニメーターを目指すなら、専門学校と大学どちらが良いのか、悩みますよね。専門学校と大学、それぞれにアニメーターを目指すうえでの良さがあります。

まず、専門学校は通学年数を選べるという点です。2年で卒業できる場合もあれば、4年で卒業できる場合もあります。どのくらいの力をつけたいのかで選べるのがメリットです。また、実習をメインとした授業が多く、アニメーターになるための勉強を集中してできる環境が整っています。実際に業界で活躍していた教員もいるので、アニメーターのリアルな声を聞きやすいです。

大学は4年間かけてじっくりと、深く、幅広い知識を身につけることができます。時間にゆとりがある場合も多いため、趣味で絵を描きたい、と考えている方にはぴったりです。また、アニメーターの勉強だけでなく、一般教養も併せて学ぶことができます。卒業後に学士の資格を得ることができるため、就職や転職の際に有利になりやすいです。

専門学校と大学にはこのような違いがあります。より現場に出た時に即戦力となる力を身につけたいなら、専門学校がおすすめです。

例えば、アニメーターを目指せる専門学校「HAL」では、4年間かけてアニメーターとして即戦力となれるスキルを身につけることができる教育を実施しています。業界で実際に活躍しているプロから直接指導を受けられる「スペシャルゼミ」を実施。また、実際の現場に合わせた最先端のソフトやハードを使用して授業が行われます。整った環境の中で、確実な力をつけることができますよ。

アニメーターになるには日々の努力も必要不可欠

アニメーターには、画力はもちろんのこと、書き続ける忍耐力と継続力が必要です。そのため、今のうちから基礎的な画力の底上げと、忍耐力と継続力を鍛えておきましょう。基礎的な画力を上げるためには、毎日少しずつデッサンや模写をすることです。同じ角度ばかりではなく、様々な角度から描けるようにしておきましょう。また、キャラクターと背景が描かれているレイアウトも練習しておきましょう。レイアウトを練習することで、構図を決める力が身につきます。また、デジタル絵を描けるように、今のうちから触って慣れておくことも大切です。

忍耐力と継続力を鍛えるには、日々ひたすら書き続けるしかありません。毎日少しずつ自分に課題を課しながら描き続けましょう。描き続けることで、基礎画力の底上げになります。

アニメーターになるには、日々の努力が必要不可欠です。スキルは専門学校似通ってからでも間に合います。まずは絵を描く癖をつけることが大切です。

■自作のイラストを使用しています。■イメージ写真です。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA